複業コンサルタント/Web集客コンサルタント/エンパワメンタル専門家 近藤健吾のブログ

【無料個別相談】LINE@のチャットでやってます!

女社会で男が居場所を作るコツは「平等マン」に徹すること

 
この記事を書いている人 - WRITER -
近藤 健吾
【複業コンサルタント/Web集客コンサルタント/エンパワメンタル専門家】コールセンター出身「傾聴スキル」を発揮して、お客様に寄り添ったコンサルを得意としています。「自分の強みがわからない人」「新しい収入の柱を探している人」「教える仕事に興味はあるけど、始め方がわからない人」ぜひ、ご相談ください!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは! 近藤です。

 

  • 今まさに女性が多い職場で、身動きが取れない。
  • これから、女社会に飛び込む。
  • 既に女性グループの輪に入れず、居場所がない。

そんな人に向けて、前職のコールセンターで99%が女性という現場を経験したことがある僕が、女社会で男が居場所を作る方法を伝授させていただきます!

 

「女社会」「男」「居場所」がキーワードではありますが

  • 女性で女性ばかりの環境で孤軍奮闘中
  • クライアント様・お客様が女性ばかり
  • 家族〜親戚まで女系

などなど、いろいろな立場・環境の人にも、きっとお役に立てるはずです!

 

準備編)すぐにやめるべき3選

これからご紹介する内容は、絶対にやっちゃダメ!!ではないです。

が、誰がするのかで、好感度アップ〜セクハラまで、評価が雲泥の差になります。

僕としては、リスクの高い挑戦はしないことを強くおすすめします。

 

頭ポンポン

結構気軽にやってしまっている人が多いのが「頭ポンポン」です。

  • 褒める時
  • 慰める時
  • 落ち着かせる時

などに、繰り出されます。

 

僕がこれまでの経験でわかった

<むやみにやってはいけない三段活用>

  1. 距離チカ:やたらパーソナルスペース(これ以上近づかれると不快な空間)入ってくる。
  2. 肩ポン:挨拶がわりに肩にポンっと手を置く。
  3. 頭ポンポン:上述の通り。

は、しつこいですが、誰がするのかがポイントのため、よほど自信がない限りは、仕事の場では控えるべきです。

 

「露骨に嫌がる素ぶりはないから、大丈夫でしょ!」って思っている人ほど、給湯室で「キモっ!!」って言われてます。

実際に数多く見聞きしていたので、間違いないです(笑)

 

「あれ、俺に気がある?」

男性なら、誰もが必ず一度はいや、何度となく経験があるやつです。

プライベートなら、お好きにどうぞ〜ですが、仕事の場ではNGです。

 

安心してください、それはあなたの勘違い・自意識過剰・妄想で、間違いないです笑!

そこで、下心丸出しで<むやみにやってはいけない三段活用>などやろうものなら、その瞬間から相手の態度が変わり、次の日からはあったはずの安住の地が、職場のどこにもなくなる羽目になりますよ。

 

ニックネーム・ちゃん付け

これについては、ニックネームやちゃん付けで呼ぶことでうまく距離を縮めて、人間関係・信頼関係を築いている人をたくさん見てきたので、条件付きです。

 

その条件とは

社歴や年齢に関係なく、全ての人に対して「平等に」「分け隔てなく」「漏れなく」ニックネームやちゃん付けで呼ぶことを徹底すること

これだけ。もちろん、社会常識の範囲でですが。

 

簡単そうですが、実際にやるとなると、なかなか難しいですよ。苦手な部下や、年上のパートさんも漏れなく全員です。

それができるなら、確かに距離は縮めやすいので、実践されることをおすすめしたいです(もちろん自己責任です笑)

 

基本編)女社会を理解する

難しそうですが、ルールと取説さえ、正しく把握しておけば全然大丈夫です。

女社会のルール&取説

  • 女性を形成しているのは、80%:感情と20%:スイーツ
  • 噂話と悪口が大好物
  • 給湯室は聖地
  • グループ作りが得意
  • 話題がどんどん変わるのは、ノッてる証拠
  • 「誰か」がひいきされるのは嫌
  • その場しのぎの同調は命取り
  • 実働ではなく、評判で判断しがち
  • いつでも「ここだけの話」
  • 突然服装が変わったり、強気な発言が増えたら要注意
  • 強いのは、縦の繋がりより横の繋がり
  • 求めているのは、話し上手より聞き上手
  • 好かれるのは、仕事ができるマッチョ系より縁の下の細マッチョ系(精神的に)

 

まずは、このあたりをしっかりと押さえているだけで、充分に女社会でも安定的に居場所を作れます!

 

応用編)「平等マン」になる

いよいよ、応用編です。

準備編と基本編に書いたことを実践していく訳ですが、その際、「平等マン」になることが必須条件です。

「平等マン」とは、全ての人に全てのことで平等に・公平に・同様の言動を徹底できる人です。

 

例えば

  • 誰の話でも、必ず、手を止めてから「聴く」
  • 職場の人だけでなく、掃除や出入り業者の人たちにも横柄な態度を取らない。
  • 挨拶で気を抜かず、誰にでも同じテンションでする。
  • 喫煙所で気を抜かない。
  • 人によって怒り方を変えない(みんなの前で叱責とか絶対NG)
  • 怒る時は、頭ごなしでなく、まず相手の話を聞いてから。

まだまだたくさんの場面がありますが、その全部です。

実際、完璧にやり遂げることは不可能ですが、それぐらいの気構えを持つことが大切なんです。

 

さらに知識の補足として、男性脳と女性脳の違いがわかるとコミュ力はアップする!を読んでいただくと、この記事の納得感が増します!

 

おまけ

ここまで読んでいただいた結果が

  • なんでそんなに下手に出ないといけないの?
  • そこまで気を遣う必要ある?
  • 妥協・譲歩・我慢はしたくない。

マイナスな感情を持たれた人へ

「郷に入っては郷に従え」です。海外でも、同じ感情を持ちますか?

それでも、「〇〇ハラスメントがなんぼのもんじゃい!」という人は、ひとつだけ。

 

女性の話は、遮らず・分析せず・アドバイスせず・自分の話をせず、最後まで聴いてください!

これができるだけで、女社会を渡っていくための戦闘&防御力が上がりますので、ぜひぜひ、実践を。

 

女性が多い環境で適応していくためには「女性の感情の動き」を注視しておくことで、自己防衛ができますよ!

近サルくん

 

「人生の断捨離」自分の棚卸し強み発見

人生を変える準備をしませんか?

 

この無料E-bookでは

僕が試行錯誤を重ねて、実践した中で

効果があった方法だけを詰め込んで

仕事に活かせる」棚卸し&強み

が見つかる手順書を作りました

①自分の棚卸し→②強み発見→

③強みの活かし方

この流れにそって、作業手順を解説

しています。

 

ぜひ、欲しい未来を手に入れるための

きっかけ「本当に強み」

をご自身の手で、見つけ出してください!


 


 

この記事を書いている人 - WRITER -
近藤 健吾
【複業コンサルタント/Web集客コンサルタント/エンパワメンタル専門家】コールセンター出身「傾聴スキル」を発揮して、お客様に寄り添ったコンサルを得意としています。「自分の強みがわからない人」「新しい収入の柱を探している人」「教える仕事に興味はあるけど、始め方がわからない人」ぜひ、ご相談ください!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 近サルブログ , 2018 All Rights Reserved.