コンサルタント育成専門家/Web集客コンサルタント近藤健吾のブログ

【初回限定】無料相談会開催中

コンサルティングとコーチングの違いを知っていいとこ取り!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
近藤 健吾
【コンサルタント育成専門家】コールセンター出身「傾聴スキル」を発揮して、お客様に寄り添ったコンサルを得意としています。「自分の強みがわからない人」「新しい収入の柱を探している人」「コンサルに興味はあるけど、始め方がわからない人」ぜひ、ご相談ください!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは! 近藤です。

 

コンサルティングとコーチングには、それぞれメリット・デメリットがあります。

僕のように個人を対象とするコンサルを仕事とする場合には、コンサルティングとコーチングそれぞれのメリットだけをいいとこ取りして、クラインアントさんに向き合うことが、実は一番効果的なんです!

 

コンサルティングとコーチングのいいとこ取りがオススメな理由

いいとこ取りで、相乗効果を発揮

コンサルティングとコーチングの違いを「自宅出張料理教室」でザクっと例えるとこうなります。

 

<コンサルティング>

先生がメーンで冷蔵庫の中をチェック

先生が考えたレシピを手渡し

生徒さんが料理する横で、レシピ通り作れているかをチェック&アドバイス

<コーチング>

2人で冷蔵庫の中をチェック

生徒さんの作りたい料理を相談

希望をふまえた料理をレシピ化し、一緒に料理

 

<コンサルティング>

  • メリット:今まで作ったことがないプロのレシピで料理ができる。
  • デメリット:生徒さん自身の希望が充分に叶えられた料理ではない可能性がある。

 

<コーチング>

  • メリット:先生と相談しながら決めたレシピのため、生徒さんの希望が反映されている。
  • デメリット:いつもの自分の料理の延長線で、達成感に欠ける可能性がある。

 

もし、あなたが生徒さんだったら、どうしてもらうのが、1番楽しくて、満足度が高いですか?

最初に、自分の希望をしっかりと丁寧に聞いてもらい、それから先生といっぱい相談しながら、今まで作ったことがないプロのレシピで料理を作り上げる。きっと、こんな感じじゃないでしょうか^^

 

コンサルティングとコーチングの手法の違いが

  • コンサルティング:ある種の上下関係の中で、診断・分析と情報提供やアドバイスを行う手法
  • コーチング:対等な立場で、密な対話を行い、自発的な行動を促すためのサポートをする手法

であることを考えると、コンサルティングとコーチングのいいとこ取りをして

クライアントさんとは違った視点で、コンサルタントとしての考えを持ちながらも、あくまでクライアントさんが主役であることを忘れない。

 

そうすれば、コンサルティング・コーチング単体でのサポート以上の結果を出すことができるようになると思いませんか?

 

いいとこ取りで、要望に応えられる範囲が広がる

企業のコンサルを行う場合に窓口になるのは、例えば、業務管理部部長や営業推進課課長と配下の担当社員さんです。

仮にコンサル期間中に、その企業で人事異動による担当者の入れ替えがあっても、まずコンサル計画に影響しません。

 

なぜなら、求められるのは企業としての結果であって、社員さんの個人的な意見や要望が優先され、それが反映されることではないからです。要望の範囲がコンサル中に変わることは、ほぼありません。

 

一方、個人の場合、クライアントさんは「特定の〇〇さん」です。当たり前ですが(^_^;)

コンサル期間中に、仕事においても、プライベートにおいても、モチベーションの下がる時が出てきます。コンサル範囲以外の想定しない希望や要望などが出てくるかもしれません。

 

そんな時には、コンサルに関する内容だけでなく、私的な問題や悩みであっても可能な限りお話を聞き、解決に向けたサポートを行うことができれば、クライアントさんとの信頼関係はさらに深くなります。

 

守備範囲を広げることは、コンサルで結果を出すために必要な取り組みだと思います。

 

コンサルタントには、コーチングスキルも必要

今後、対個人のコンサルを続けていくうえで、コンサルタントにはコーチングスキルも求められるようになっていくと、僕は考えています。

理由は、下記の通りです。

  • 分析・アドバイスだけでは、クライアントさんのやる気を引き出しにくいケースがある。
  • コンサル終了後のことを考えると、クライアントさん自身の力で結果を出せるサポートが重要。
  • 対等な立場で、双方向のコミュニケーションを増やす方が、信頼関係が築きやすくなる。

 

クライアントさんに対して、コーチング的手法でもサポートできた方が、顧客満足度の高いコンサルを提供することが可能になります。

 

コンサルティングとコーチングのいいとこ取りがオススメな理由 まとめ

いいとこ取りがオススメな理由

  • 相乗効果を期待できる
  • 守備範囲が広がる
  • コンサルタントには、コーチングスキルも必要

を改めて見返してみると、コンサルティングとコーチングのいいとこ取りから、さらに一歩進んで

コンサルティングとコーチングの同化「コンサルチング」が、目指すべき方向だと考えています。

 

でもでも、本当に大切なのはスキルじゃなくて、クライアントさんとの深い信頼関係を築いて仲良くなろうとする姿勢ですね!

近サルくん

 

「人生の断捨離」自分の棚卸し強み発見

人生を変える準備をしませんか?

 

この無料E-bookでは

僕が試行錯誤を重ねて、実践した中で

効果があった方法だけを詰め込んで

仕事に活かせる」棚卸し&強み

が見つかる手順書を作りました

①自分の棚卸し→②強み発見→

③強みの活かし方

この流れにそって、作業手順を解説

しています。

 

ぜひ、欲しい未来を手に入れるための

きっかけ「本当に強み」

をご自身の手で、見つけ出してください!


 


 

この記事を書いている人 - WRITER -
近藤 健吾
【コンサルタント育成専門家】コールセンター出身「傾聴スキル」を発揮して、お客様に寄り添ったコンサルを得意としています。「自分の強みがわからない人」「新しい収入の柱を探している人」「コンサルに興味はあるけど、始め方がわからない人」ぜひ、ご相談ください!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 近サルブログ , 2017 All Rights Reserved.