コンサルタント育成専門家の近藤健吾のブログ

【初回限定】無料相談会開催中

40代が起業で成功するために必要な3つのポイント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
近藤 健吾
【コンサルタント育成専門家】コールセンター出身「傾聴スキル」を発揮して、お客様に寄り添ったコンサルを得意としています。「自分の強みがわからない人」「新しい収入の柱を探している人」「コンサルに興味はあるけど、始め方がわからない人」ぜひ、ご相談ください!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは! 近藤です。

 

40代での起業となると、背負うものや失うものが多い・大きい場合がほとんどです。

 

  • 固定収入を確保しながら副業・複業としての起業
  • 本業としての起業

 

どんな形で起業をするのかに関わらず、絶対に失敗できないと思えば思うほど、起業についてのテクニックやノウハウの収集に走りがちです。

 

実際、僕の場合、サラリーマン時代に副業という形でのスタートが切れていなかったこともあり、退職後に行動してみて初めてわかること・気づくことばかりでした。

 

結果、どんどんテクニックやノウハウを求めるという、間違った方向に進んでしまいました。

 

そんな経験をした今だから言えることですが、実はそれよりも大切なことは、マインドつまり起業で結果を出すための「心のあり方」「考え方」を身につけることです。

 

40代ならではの「積もりに積もったあれこれ」を一旦クリアにするのが、はじめの第一歩です。

 

起業前に持っておきたい「心のあり方」「考え方」とは

 

  • プライドやこだわりをリセットする
  • これまでの経験値やスキルに固執しない
  • 人との関わりを大切にする

 

平らな土地がないと、まっすぐな家は建たないですもんね〜。

 

 

それでは、40代が起業で成功するために必要な3つのポイントについて、お伝えします!

 

 

40代が起業で成功するためのポイント プライドやこだわりをリセットする

 

40代ともなると、会社であれば管理職、店舗であれば店長やエリアマネジャーなどの要職に就いて、活躍されている方が多いと思います。

 

当然、これまでの社会人生活において、培われてきたプライドやこだわりが、たくさんあるはずです。

 

今の環境で、さらに上のポジションを目指すなら、そのプライドやこだわりは、引き続き武器になるかもしれません。

 

でも、起業して主戦場がゴロッと変わってしまうと、武器どころか邪魔な荷物でしかなくなる可能性が高いです。

 

なぜなら、40代の多くの人は、高いプライドと強いこだわりが

 

  • 人の言うことが素直に聞けない
  • 謙虚になれない
  • 相手に感謝ができない
  • 視野が狭い

 

など、マイナスに作用する傾向が強いからです。

 

上記のような、起業には不要な要素を少しでも減らすためにも、これまでのプライドやこだわりはゼロリセットして、本当に必要なものだけに絞ることが大事です。

 

 

40代が起業で成功するためには・・・ これまでの経験値やスキルに固執しない

 

これまでの経験値やスキルにこだわり過ぎると、活躍できるはずだった居場所を、自らせばめてしまうことになります。

 

いくら素晴らしい技術や能力を持っていても、ひとりよがりで顧客ニーズを無視した商品・サービスしか提供できなければ、絶対にお金は稼げません。

 

「◯◯のスキルをフルに発揮できるこの仕事一本で起業して、絶対に成功する!!」と固い決意で臨んでも、その仕事では失敗するかもしれません。

 

自分が目指す未来につながりそうにないと判断した場合には、過去の経験やスキルをベースにした仕事を続けることをあきらめる。

 

そして、自分が持っている他の強みを活用して、どんどん方向転換をしていく必要があります。

 

実際、僕の場合、前職のコールセンターでの経験を活かして、傾聴力を強みに話し相手サービスで起業したのですが、今は、コンサルタントとして、仕事をしています。

 

コールセンターで身につけた傾聴スキルは引き続き活かせるのですが、それ一本ではなく、クライアントさんをサポートするためのスキルのひとつと考えたことで、新しい道がひらけました。

 

 

大事なのは、過去の経験値やスキルに固執することではなく、壁を乗り越えるための柔軟性のある考え方です。

 

 

40代が起業で成功するためには・・・ 人との関わりを大切にする

 

例えば、年下の人から、アドバイスをもらった時に「この若造が!」って思ったりしませんか?

 

自分の子供と年齢が変わらないのに、自分より有能な人のことを素直に受け入れられますか?

 

「それは、その場になってみないとわからないかも」みたいな状態であれば、そのままで起業するのは、かなりまずいです。なぜなら、僕がお会いする方々の8割は、自分よりも若い方ですから(クライアントさんは除く)

 

今、お持ちの人脈や名刺でつながっている人たちに、起業後も自分の望む関係性でつながり続けてもらえるとは限りません。

 

むしろ、豊富な人脈・恵まれた環境・立派な肩書き・高い信用や評価などの全てを手放す状況になるのが起業とワンセットと考えると、人との関わり方を変えていかなければなりません。

 

会社や組織に属していたときとは違い、自分で付き合う人を選べるからこそ、つながり続けたいと思える人には、性別・年齢・キャリアに関係なく、常に学ぶ気持ちを持って接することが、本当に大切です。

 

 

まとめ 40代が起業で成功するために必要な3つのポイント

 

40代の起業においては、地位や肩書きがなくなった「素」の自分で勝負をするために

 

  • プライドやこだわりをリセットし、本当に必要なプライド・こだわりだけを大切にする。
  • これまでの経験値やスキルに固執せず、柔軟に自分の強みと顧客ニーズが合致する仕事に取り組んでいく。
  • 人との関わりを大切にし、本当に仕事がしたい人たちに囲まれる環境を目指す。

 

上記のマインドを持つことができれば、起業と同時に脱線することがなくなり、成功につながるレールを見つけられるはずです!

 

 

40代だろうが、部長だろうが、マネージャーだろうが、起業してしまえば「新人」「1年生」です。まずは、起業に必要なマインド「心のあり方」「考え方」を身につけることが、大切ですね!!

近サルくん

 

 

 

「人生の断捨離」自分の棚卸し強み発見

人生を変える準備をしませんか?

 

この無料E-bookでは

僕が試行錯誤を重ねて、実践した中で

効果があった方法だけを詰め込んで

仕事に活かせる」棚卸し&強み

が見つかる手順書を作りました

①自分の棚卸し→②強み発見→

③強みの活かし方

この流れにそって、作業手順を解説

しています。

 

ぜひ、欲しい未来を手に入れるための

きっかけ「本当に強み」

をご自身の手で、見つけ出してください!


 


 

この記事を書いている人 - WRITER -
近藤 健吾
【コンサルタント育成専門家】コールセンター出身「傾聴スキル」を発揮して、お客様に寄り添ったコンサルを得意としています。「自分の強みがわからない人」「新しい収入の柱を探している人」「コンサルに興味はあるけど、始め方がわからない人」ぜひ、ご相談ください!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 近サルブログ , 2018 All Rights Reserved.