コンサルタント育成専門家/Web集客コンサルタント近藤健吾のブログ

【初回限定】無料相談会開催中

ブログが書けない理由は「ブログを書く理由」がないからです!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
近藤 健吾
【コンサルタント育成専門家】コールセンター出身「傾聴スキル」を発揮して、お客様に寄り添ったコンサルを得意としています。「自分の強みがわからない人」「新しい収入の柱を探している人」「コンサルに興味はあるけど、始め方がわからない人」ぜひ、ご相談ください!
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは! 近藤です。

 

 

あなたの胸に手を当てて、なぜブログが書けないかを考えてみると、その理由がどんどん出てきませんか?

 

僕なら、パッと思いつく理由はこんな感じです。

 

  • 他の人のブログを読むとレベルが違いすぎて書けない。
  • 本当に書く価値があるのか・資産になるのか不安
  • 書いても全然反応がないので楽しくない。
  • 読んでもらえないのでヘコむ。
  • 結果の出る書き方がわからない。
  • なかなか書き方のコツがつかめない。
  • ネタが思いつかず、すぐにネタ切れする。
  • 結局ブログを書いている時間がない。
  • 想像していたよりも全てがむずかしい。

 

などなど、挙げるとキリがないので、横に置いておきますね笑

 

 

で、結局のところ、ブログが書ける人と、書けない人の違いはコレ

 

 

 

「できない理由」と「ブログに対する想い」を天秤にかけて、想いが強い人だけが書ける。

 

とてもシンプル!

 

ブログが書けない理由は、実はご自身の中で「書く理由がない」からなんです!

 

 

要は、先ほど考えていただいた「書けない理由」と天秤にかけた時に絶対に譲れないもの」があれば、それを意識するだけで、脳は書けない理由を探すのをやめます。

 

 

例えば、睡眠時間を削ってでも、好きなゲームをしたり、本を読んだりできるのは、何かと天秤にかけた時にゲームや読書を上回るものがないからですよね。

 

ただ「楽しいから!」だけでも、それが全てを凌駕する理由なら、全然良い訳です。

 

 

あなたの絶対に譲れないものは何ですか?

 

 

「いやいや、ブログを頑張らないといけない理由なら、ちゃんとある!」

「仕事としてブログに取り組む覚悟ができている!」

 

という人は、湧き出てくる「書けない理由」をその「絶対に譲れないもの」でねじ伏せてしまえばいいんです!!

 

そうすれば「想い」が勝つので、自分の考えるペースでブログが書けるようになります。

 

 

では、僕の経験上、どうすれば、書けるようになるかというと

 

 

まずは反復練習から始める

 

どの世界でも、基礎を身につけるためには、長期間の反復練習を継続することは避けて通れません。

 

  • プロ野球選手は素振り
  • 料理人は桂むき
  • 僧侶は写経

 

など、どれも最初は「質」より「量」を問われるものばかりです。

 

この段階で、「〇〇(先輩・師匠・憧れの人・・・)さんみたいにできないから、もう辞めます!」となる人はいません。

 

そもそも、目標とする人と自分を比べて、激しく落ち込んだりはしません。

なぜなら、負けていて当たり前だから、比べる理由・比べる意味がないからです。

 

 

でも、ブログでは、そんな状況が10記事の投稿を待たずに起こります。

「〇〇さんみたいにうまく書けない・・・、もう止めよう。」

 

冷静に考えれば、うまく書けなくて当然ですよね、だって基礎練習の量が圧倒的に違います。

ブログの基礎練習は「書いて投稿・書いて投稿の反復」以外ないのに・・・。

 

 

「ブログを書くことは筋トレ」と割り切って、まずは量を書くことに集中してみてください!

 

質は、後からリライト(修正)すればいいと割り切ってしまいましょう。

ここで、質に気持ちを奪われてしまうと、いつまで経っても「公開」ボタンを押せませんので笑

 

 

ブログを軌道にのせて、将来的に今の仕事を辞めるための足場づくりをしたいと考えているあなたには、ぜひ、この記事:起業したいサラリーマンが副業より先にやるべき3つの筋トレを読んでいただければと思います。

 

 

ブログに関する勘違いを上書きする

 

実は、ブログが書けない人の多くは、最初に目に触れたブログに関する誤った情報を鵜呑みにして、始めてしまったパターンが多いです。

 

  • 少額なら簡単に稼げる。
  • 片手間でもすぐに結果が出る。
  • お手軽な副業と言えばブログ

 

誰でも・簡単に・すぐできると勘違いしてしまう。

 

また、「初心者でも3ヶ月で月収100万円超え!」とかなんとか、インパクトで押すものにも。

 

 

実際のところは、仕事で楽して簡単に儲かる方法は無く、それはネット界隈・ブログ界隈でも同様です。

 

 

例えば、今は週に2日労働、記事は月に1記事程度です!と公言されている人も、質より量でブログに打ち込んでいた時期が、過去に絶対に絶対にあります。

 

前を走っている人と今の自分を同じ時間軸で比較すること自体がナンセンスなので、ブログに関する誤解を早く上書きして、「ブログ」と正しく向き合うことが本当に大切です!

 

 

考えながら書くことを止める

 

実は「さあ、ブログ書くぞ!」と気合いを入れて、PCの前に座った時点で書けなくなる確率が急激にアップします。

 

僕も、まさにこのパターンで書けなくなっていました。

 

「テレビを観たり、ゲームをしたい気持ちを断ち切ってココにいるんだから、大丈夫でしょ。」

と思われるかもしれませんが、それが1番の間違いです!

 

 

ブログは「何を書くか考えること」「書くこと」別場所・別作業にしないとダメです。

 

具体的には

<何を書くか考えること:構成を決める作業

 

まず、ブログを効率よく書くため、構成を考えるのに集中力の80%を投入してください。

書くまえに構成を固めることは重要です。

 

次にリラックスできる場所か、PCを閉じて紙とペンで作業をしてください。

作業する場所と書き出し方には工夫が必要です。

 

なぜなら、PC前は誘惑の塊だからです笑

SNSは気になるし、いろいろと通知は来るし、アナリティクスをチェックしたいしで集中できません。

 

手書きで紙に書き出す理由は「手書きの方が脳が活性化する」「修正履歴がひと目でわかる」からです。

手書き&修正履歴付き構成メモを貯めておいて、後から見直してみると、自分の「クセ」がわかるので便利です。

 

 

構成が準備できたら、いよいよ書く工程です。

 

<書くこと:準備した原稿の転記

 

せっかく頑張って記事の構成を考えたのに、清書作業をする段階でいろいろと加筆・修正を始めてはいけません。

 

やるべきことは、集中力の残り20%を使って「機械的に転記→すぐに公開ボタンを押す」

これだけです!!

 

まとめ

 

ブログが書けずに悩んでいる人は

 

  • ブログを書く理由=「絶対に譲れない理由」を持つ
  • ブログを書くことは筋トレと考え、質より量を求めて反復練習
  • ブログに関する誤解を上書きし、正しく向き合う
  • 考えながら書くことを止め、ブログ作成の工程を「構成→転記」と2分割

 

この4項目を実践していただければ、ブログが書けるようになるはずです!

 

絶対に譲れない理由」は、再び手を動かすための起爆剤になりますので、より深く・より具体的に考えてみてください

近サルくん

 

 

 

「人生の断捨離」自分の棚卸し強み発見

人生を変える準備をしませんか?

 

この無料E-bookでは

僕が試行錯誤を重ねて、実践した中で

効果があった方法だけを詰め込んで

仕事に活かせる」棚卸し&強み

が見つかる手順書を作りました

①自分の棚卸し→②強み発見→

③強みの活かし方

この流れにそって、作業手順を解説

しています。

 

ぜひ、欲しい未来を手に入れるための

きっかけ「本当に強み」

をご自身の手で、見つけ出してください!


 


 

この記事を書いている人 - WRITER -
近藤 健吾
【コンサルタント育成専門家】コールセンター出身「傾聴スキル」を発揮して、お客様に寄り添ったコンサルを得意としています。「自分の強みがわからない人」「新しい収入の柱を探している人」「コンサルに興味はあるけど、始め方がわからない人」ぜひ、ご相談ください!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 近サルブログ , 2018 All Rights Reserved.